スタイルラボのスタッフブログ

豊川市在住S様「暮らしをとことん楽しむ家」〜スタイルラボとの出会い〜

2018.11.27


愛知県豊川市にある工務店スタイルラボ」。“暮らしをもっと面白く”をコンセプトに、平屋の家づくりCOVACOや、LOAFERなどをラインナップ。担当者はもちろんお施主様も「暮らしをとことん楽しむ」人が多いんです。

今回は、豊川市在住のS様に家づくりインタビューをしました。

スタイルラボに出会ったきっかけ、家づくりのこだわり、思い出のエピソードまで連載でお送りします。

左/スタイルラボで家づくりを叶えた豊川市在住のS様。もともと自衛官だったが体調を崩し、現在は専業主夫に。料理やアウトドアが大好き。

右/スタイルラボ代表・原。豊川市生まれ豊川市育ち。家づくりの相談から住宅ローンのことまで、お客様に合わせて提案・相談を行う。

====

S様:久しぶり感が全くないね(笑)

:本当だね。3日ぶりくらい?家づくりを検討している方に、Sさんの実際の暮らしを見てもらったりね。

S様: 意外に繋がりもあるしね。前にフェイスブックを原さんと交換した時に、友達登録したら知り合いがすごく多かった。さすが豊川だよね。

:そうそう、意外と「この人知ってる」って感じ、多いよね。

S様:僕たちがもともとスタイルラボで建てたきっかけって、チラシだったんだよね。スタイルラボの前(3〜4年ほど前)に、住宅メーカーで建てる計画までいったんだけど、僕が体を壊しちゃって一旦白紙になった。体調も良くなってきて、やっぱり家が欲しいねってなった時にたまたま見つけた。

:そうだったね。最初チラシ見てふらっと事務所来てくれてね。最初、Sさんがめちゃくちゃ怖い人かと思ってビビっちゃってた(笑)

S様:元自衛官だからね(笑)

:見た目はいかついけど、喋ったらすごく面白いのが印象的だったな。事務所に来た後に、そのまま近くのスタイルラボのモデルハウス(ローファー)にも案内したね。

S様:ウッドデッキ、薪ストーブ、スライド本棚、小屋裏とか、遊び心のあるデザインなんだけど、シンプルなつくりに感動して。奥さんが「ココいいね!」って大喜びだった。奥さんは平屋にしたい憧れもあったし、僕も団地育ちだったから庭付きの家がいいなって。

:それから何回か来てくれたんだよね。

S様:そうそう。スタイルラボの家づくりが気に入っちゃって。他の住宅会社に巡っていないくらい。

何回か話していて、COVACO(コバコ)を見せてくれて、規格住宅なのに自由度が高くて、ガレージや土間リビング見て「これだ!」と夫婦で思って決めたね。

S様:スタイルラボに決めてから、トントン拍子だったね。プランを書いて、

:Sさんから「こんな間取りがいい」という間取り図ももらって、それをベースに何パターンか作って、確認してもらったくらいだったね。そんなに大幅な変更はなかったよね。

S様:間取りは奥さんが考えて、僕は専業主夫だから「家事動線は僕に任せて欲しい」ってお願いした。家事のやりやすい動線を考えたり、自分の空間が欲しかったからガレージとか。

ガレージは当初2帖くらいのスペースだったのが、奥さんは土間にこだわっていて(おばちゃんの家が土間で料理をするから)「土間が欲しい」って。土間を広くした分、ガレージも5畳くらいに広がって。僕としては嬉しかったな(笑)

:あとは、このオーダーキッチンじゃない?結構時間かけて考えたよね。スタイルラボの職人一同集まって、あーでもない、こーでもないって言いながらSさん夫婦も一緒になって作った。

S様:そうだね、キッチンもかなりこだわった!住み心地も抜群で、スタイルラボで建ててなかったらこんなにも「暮らしを楽しく」していなかったんだろうなって思うくらいよかった。

S様:スタイルラボってさ、鬱陶しいことがないよね。例えば、住宅会社のイメージって自分の名前とか連絡先書いたらすごいいろんなもの送られてくるし、電話とかさ。スタイルラボは一切なかったのが逆にびっくりした。

:そうだね、営業電話とか一切しないな。

S様:事務所行ったらいろんなこと丁寧に教えてくれるし、ここ本当に住宅会社?って言うくらい、家づくり相談場っぽいもんね(笑)。だから、スタイルラボ、原さんに会ってから3回目くらいで契約したし、僕たち夫婦の中で、スタイルラボの信頼感はすごい!

:照れるな…、ありがとう。

 

豊川市在住のS様とスタイルラボとの家づくりエピソードは次回に続きます。
お楽しみに♪

豊川市にある工務店スタイルラボ」で家づくりをした方々の声はこちらに → https://style-labo.jp/page/voice