スタイルラボのスタッフブログ

スタイルラボ流!完成見学会をみるポイント(豊川市)

2019.01.15


マイホームを検討している、自分らしい家づくりをしたい!そんな方はきっと住宅会社の完成見学会に行くことも多々あることでしょう。

実は、「実際完成見学会に行ってもどうしていいかわからない」「何を見ればいい?」「つい家の綺麗さに見とれてしまって細かなことを担当者に聞いていない」など、完成見学会に行く際は何を・どうチェックしていいかわらかない方も。

スタイルラボ担当者が伝授する「完成見学会をみるポイント」をお伝えします!

▼完成見学会に行く前に

完成見学会とは、各住宅会社がその時に施工した家を披露する会のこと。住宅展示場などのモデルハウスと違い、実際にお客様の引き渡しの建物で開催するため、住みやすさや家事動線なども考慮したつくりになっています。

スタイルラボ流の完成見学会前の確認としては「どんな風にマイホームで暮らすかを夫婦、家族がイメージすること」です。

完成見学会は、当たり前ですがどれも綺麗な家ばかりです。「綺麗〜!」「素敵〜」と見た目ばかり気になってしまいますが、自分たちが暮らすとしたら?どんな暮らしをしたいか?など話し合うことで、完成見学会に行く際、明確になって現場を見ることができます

▼実際に完成見学会に行ったら

実際に完成見学会に足を運んだら、まず担当者に以下のことを質問しましょう。

家の広さ

完成見学会に住まう家族構成

完成見学会に住まう家族がどんな要望で家づくりをしたのか

空間でこだわったところ

まずは家の広さ。LDKの広さや洗面室などの広さを確認しましょう。そして、家族構成も大切。夫婦2人の家なのか、子どもが3人いる5人家族の家なのかで、広さはもちろん家事生活動線も変わってきます。そしてその家族がどんな要望で家づくりをしたのか、こだわったところなどは?など徹底的にその家を知ることが、今後の家づくりのヒントになります。

間取りを生活動線

キッチンやお風呂など使用している設備機器

部屋の扉や外観など使用している建材

窓から見た外の視線

なども完成見学会で見るポイントです。特に毎日キッチンに立つ奥様は、キッチンからどう家事動線ができるのかなど、動いて見るのもポイントです。また、自分たちがいつも暮らしている生活動線を確認しながら、間取りなどを確認するのもいいでしょう。

最近では、スタイルラボでは薪ストーブを取り入れるお施主様も多くいらしゃいます。完成見学会で薪ストーブが置いてあれば、薪ストーブのメリットはもちろん、デメリットも必ず聞くこともおすすめします。

暮らしの楽しみ方を知るためにも完成見学会は大切!

スタイルラボでは「暮らしを面白く、楽しく」をコンセプトに、お施主様が家づくりをスタートしてからの暮らしを大切にしています。

完成見学会の中でも「キッチンから庭をみることの大切さ」ということもお伝えしています。

キッチンから緑豊かな庭を見るだけで、毎日の暮らしが心地よくなります。木の位置など細かいところに考慮しながら家づくりを完成させるのもスタイルラボ流

だからこそ、完成見学会では、お庭まで全てを完成させて皆様に見学してもらえるようにしています。

家と庭は同じくらい暮らしにとって大切なもの。芝生を設けて外で子供達があそんだり、四季折々の植栽を取り入れて四季を感じたり。

完成見学会は家の中、機能、動線はもちろんですが、そこから見える庭の景色、自然との融合なども意識して、完成見学会に来るだけで、いつもとは違った視点から見ることができますよ。

スタイルラボの完成見学会はこちらで告知します