スタイルラボのスタッフブログ

デザイン性の高い素敵な間取り〜コバコ編〜

2019.05.21


愛知県豊川市にある工務店「スタイルラボ」。“暮らしをもっと面白く”をコンセプトに、FREEQ HOMESの平屋住宅COVACO(コバコ)や、LOAFER(ローファー)などを専門に施工しています。

コバコやローファーはデザイン性の高い間取りとしても好評で、スタイルラボ代表の原もコバコを建てました!今回は、コバコやローファーのデザイン性の高い間取りについてご紹介したいと思います。

▼スタイルラボお施主様:T様のコバコの家づくり

コバコで夢のマイホームを実現したT様邸。男前な雰囲気のあるデザイン性の高い家づくりを叶えることができました!インスタグラム(@covaco2017)でも、隅々まで考え抜かれたマイホームの間取りをご紹介しています。今回はその一部を皆様にお届け!

こちらは家事室の一角。整理整頓された収納棚と、家事動線を考慮した家事室が魅力的です。アイロンをかけることもできるので、ここでいろんな家事ができちゃいます!

※お写真は、T様のInstagramアカウントより

コバコは軒が深いのも特徴です。「軒を出すとリビングに日差しが入らなくなっちゃうかな?」という不安な声を聞くこともありますが、朝9時前のリビングの様子をおさめた写真を見ていただいてわかる通り、日差しがきちんと入ってきます!ちなみに太陽の高さが高くなる夏は、リビングに日差しが入らないように設計日差しによって室温が上がり過ぎないよう配慮して、軒を設置します。

深い軒をつけたお客様からいただいた声をご紹介。

・電気をつけずに日中は過ごすことができる
・多少の雨風では洗濯物も濡れない
・プールをデッキに広げても日除けになる
・ウッドデッキが朽ちるのが遅い

▼スタイルラボ代表:原のコバコの家づくり

こちらはスタイルラボ代表の原のマイホーム。白色のコバコが印象的でカリフォルニアスタイル風の家づくりを実現しました。

木のぬくもり溢れるリビングは、キッチンから部屋全体を眺められるように設計しました。「キッチンからも外の緑を楽しみたい」と、対面式をチョイス。まるでカフェのような雰囲気のリビングが魅力です。

ステンレス性のかっこいいキッチンと、アンティークの収納棚。コバコはどんなデザインにも合うのもポイント。シンプルなデザイン、アンティークのデザインなど、家具のデザインで空間を彩ることができます!

キッチン下の床材は、家事がしやすいように木ではなく石材をチョイス。ステンレス性のキッチンともマッチしていておすすめです!奥にはパントリーを設けました。黄色の壁は部屋のアクセントに♪

いかがでしたか?コバコと一括りにしても、どの家も個性があります!デザイン性の高いコバコの家づくりを私たちと一緒に叶えませんか?

コバコのご紹介はこちら