スタイルラボのスタッフブログ

この家で暮らしたらどうなる?ライフスタイルが分かるのがスタイルラボの家づくり

2019.06.04


愛知県豊川市にある工務店スタイルラボは、「暮らしを楽しむためのお手伝い」をコンセプトに、その人のライフスタイルがもっと充実するような家づくりを提案しています。

マイホームを検討している人の中には「理想はあるけれど、この家で暮らしたらどうなるのか想像がつかない」と不安に思う人も多いかと思います。

そんな時はスタイルラボにお任せください。スタイルラボでは、実際にスタイルラボで家づくりをしたOBさんとの繋がりも深く、気軽にOBさんのご自宅に行けるような間柄になっています。また、スタイルラボ代表の原も、もちろんスタイルラボで家づくりを行い、ご要望があればいつでも家をお見せすることもできます!

本日は、ライフスタイルが分かるスタイルラボの家づくりについてご紹介します。

暮らしをもっと面白く!スタイルラボの代表が叶えたこだわりのマイホームはいつでも見学OK!

スタイルラボ代表の原は、昨年コバコの平屋を建てました。家づくりをしたからこそ、お施主さんの気持ちをより理解して提案することができるように。

その中で感じたことは、「この家で暮らしたらどうなるのか?」が間取りの段階では、あまり見えないのでは?ということ。数々の住宅を手がけてきた代表が少しでも思うのであれば、家づくり初心者のお施主様はさらにそう思うのではと考え、スタイルラボでは間取りを図面上だけで話し合うのではなく、実際にスタイルラボで家づくりをしたOBさんのお宅に出向きながら、「この家で暮らしたらどうなるのか」をわかりやすく説明をしています。

実際に見ることで、「設計図だけで見るとリビングって小さいのでは?と思っていたけど、この家と同じくらいの大きさになるって聞いて安心!意外に広くてびっくり」との声もいただいたりしています。

実際に体感することで、暮らしをイメージできる!

工務店はオープンハウスや見学会などを開催するのが当たり前ですが、一番大事なのはオープンハウス後のお施主様がどう暮らしているかというところ。

オープンハウスはそれなりに綺麗なのですが、実際に時が経ってどんな暮らし方をしているか、お施主様ごとで工夫した暮らし方などは、住んでみた後に分かリます

だからこそスタイルラボでは、OBさんの訪問をしたり、代表原の家をお見せしたりしています!実際に見て、リアルな雰囲気を体感できるのはある意味貴重なんですよ〜♪

いかがでしたか?
設計図や模型図だけではわからない、実際の暮らしを体感した上で家づくりを進めていってください自分たちがこれからどう暮らしていくのかをしっかりと見据えたマイホームにするには、実際暮らしている家を見るのが一番です!

スタイルラボで家づくりをしたOBさんの暮らしはこちらでご紹介