スタイルラボのスタッフブログ

夫婦円満の秘訣と家づくりの関係(奥様編)

2019.12.10


こんにちは、愛知県豊川市工務店スタイルラボ」の代表 原です。

最近、こんなことを思うんです。

夫婦円満の秘訣は家づくりに似ている!!!!ということ。

この業界に入り、ご家族の理想の家をお手伝いして早〇〇年。さまざまなご夫妻と家づくりの話や世間話をする中で、夫婦円満のコツは家づくりと同様なのでは、と最近思うようになりました。

特に、注文住宅はゼロから家づくりを行うので、互いの理想や想いを融合しながら形にしていきます。その時に互いの意見の食い違いなどが発生することも。

私流の考えではありますが、今回は「夫婦円満の秘訣と家づくりの関係」について、奥様の視点から綴りたいと思います。

▼男性は全体的に物事を見ることができない?!

まずは冒頭からキツイことを言うかもしれませんが、

ご主人と奥様の意見が全て合致することはない!!!!

と言うのが、私の考えです。(夢のマイホームに釘を打つようなことを言ってしまいすみません!が、この話気になると言う方はスクロールを笑)

長年、家づくりの打ち合わせを見てきて思うのは、男は変なこだわりと優位に立ちたいという本能があるということ(ちなみに僕も男ですが、小さなこだわりはたくさんありますよ)

 

事例1
シンプルな雰囲気にしたいマイホームとの依頼
ご主人「この空間の壁紙の色はこっちの方がいいんじゃないか?」
奥様「この壁紙、全体的に合わないじゃん」
ご主人「え〜?そうかな?いいじゃん」
(なんと壁紙が原色の黄緑色というチョイス・・・)

このように、全体的な空間をあまり見ることができないのに、どうしても意見を言いたい、参加したいというのが男心なのではないでしょうか。

▼ご主人には一部屋自由な空間を与えること

家づくりの打ち合わせはほとんど奥様と行います。(たまに、ご主人が家づくりが大好きでご主人主導でマイホームの打ち合わせをすることがありますが、とても希です)

もし、ご主人と奥様の意見が合致しない、互いに違うデザインを好んでいるという場合は、ご主人に一部屋自由な空間を与えてあげてください。

例えば、ガレージだったり書斎だったり、自分の好きな空間はどんなデザインにしてもいいし、どんなものをおいても文句は言わない。

自由にさせることで、ご主人も「この部屋をどうしようかな〜」という楽しい妄想がどんどん広がっていくので、互いの意見のぶつかり合いもなし!!

▼女性が主導権を握る方が夫婦円満

これは私が感じていることですが、奥様が主導権を握る方が夫婦円満になると思うんです。(我が家も、私は主導権を握っていません笑)。

女性は全体的や長期的に物事を見ることができます。今のことはもちろんですが、将来のライフプランなども女性が立てていくほうが現実的!

だからこそ、家づくりを行う場合は基本的に奥様がある程度仕切りながらも、ご主人は自由な空間の中で自分流の楽しい暮らしを実現するのがベスト!!!!

 

今日は、夫婦円満の秘訣と家づくりについて綴らせていただきました。
スタイルラボでは、家づくりのあれこれを発信しています。
ぜひご覧ください^^

スタイルラボ流の家づくりコラムはこちら