スタイルラボのスタッフブログ

「快適に過ごす家づくりの工夫」スタイルラボの住まいのノウハウ

2018.06.07


「暮らしをもっと面白く!」をコンセプトに、豊川市を中心とした東三河エリアで、こだわりのマイホーム実現をお手伝いするSTYLE LABO(スタイルラボ)です。

快適に過ごす
これは、家づくりにとって誰もが実現したいことではないでしょうか。
そこで、「快適に過ごす家づくりの工夫」と題し、毎月コラムでご紹介していきたいと思います。

>>> 今日のテーマ「軒を深くすること」

ジメジメした梅雨が到来し、そのあとは一気に暑さの厳しい夏がやって来ます!厳しい夏の暑さを、自然な方法で乗り切り、健康で過ごしやすくするには、「風通し」がキーポイントです。自然の風を室内に流れるように設計することで、心地よく快適に暮らせることができます。

そこで、スタイルラボがご提案するのが「軒の深さ」。

そもそも軒というのは、住宅の壁や窓ガラスより外側に出っ張っている屋根部分の総称を言います。
昔の日本の住宅では、軒はほとんどあり、日本の気候風土にも適していました。

軒を深く設けることで、夏場は直射日光をカットすることができます。日光をカットするからこそ、涼しい風も家の中に入ってきます。直射日光をカットしてくれるだけでなく、雨が入り込んでこないというメリットも。軒のおかげで雨の日でも窓を開けることができるので、換気ができるだけでなく、雨音に耳を傾けながらのんびり…なんて素敵な過ごし方もできます。

最もシンプルな平屋建てCOVACO(コバコ)や、平屋+ロフトLOAFER(ローファー)は軒が深いので、採光の調整や風通りも良く、夏場でも快適に過ごすことができます。

冬場は太陽が低くなるので、軒を深くとっても日差しが室内に入ってきて心地よい暖かさに包まれます。
夏場涼しく、冬場は暖かく」。その仕組みは「軒の深さ」と大きく関係があるのですね!

スタイルラボでは、様々な視点から快適に過ごす家づくりをご提案しています。ホームページでは、スタイルラボの家づくりの思いなど、詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。(https://style-labo.jp